2017年6月、代表の松木が、わかちあいプロジェクトで支援しているタイと国境を接した山岳地帯のミャンマーカヤー州を訪問し、支援の状況をヒアリングしてきましたのでご報告いたします。

今年も皆さまの募金により、5000ドル(60万円弱)を奨学金として支援することが出来ました。ありがとうございます。今年は医学生3名と中高生17名、計20名の学生を支援しています。

myanmar2017_04 myanmar2017_03

奨学金を支給している2名の学生のうちを訪問しました。
最初に訪問したのは、Dee Moe Hso村で、国立タンギー大学の医学部1年生、Maw Ptray Mar Lawさんのお宅です。
お父さん、お母さん、兄弟3人家族です。お父さんの仕事は、土地無しのため農業はできなく、農作物の仲買業務で生活しています。農産物の出来次第のため不安定な生活をしいられているそうです。娘のために年間必要なお金は授業料などで、約20万円です。いろいろと借金しながら仕送りしているそうです。カヤ州で医者になる人は稀で、それだけ期待されていますが、お金の支援となると別です。今回、みなさんの支援から1回限りの支援として2万4千円を支援しました。医学部は卒業まで7年かかり、これからが大変です。

myanmar2017_01Re 
            ▲医学生のMaw Ptray Mar Lawさんと、そのご家族

 

もう一家族は、Larle村のMaw Pya Myarさん、14歳で現在は、ライコウの学生寮に住んでいます。
3.5ヘクタールの土地持ち農民ですが、トウモロコシと米の収入が年間13万円とのことで生活の大変さが想像できます。Pya Myarさんの庭先に植えられているコーヒーの木にはまだ小さい実がびっしりついていました。今年はこの村もコーヒー栽培支援事業の生産者メンバーに加わってもらうように準備しています。

myanmar2017_05

 ▲Maw Pya Myarさんとご両親

myanmar2017_07

ミャンマーカヤー州では、学校が家から遠く、小学生の時から寮で生活する子どももいます。貧しい家庭の子どもたちは、学校に通い続けることができない場合もあることを聞き、わかちあいプロジェクトでは小中高校に通う子どもたちに奨学金を支給しています。今後ともご支援をお願いいたします!

▶ミャンマー教育支援事業について詳しくはこちらのページをご覧ください

【募金の方法】
①   郵便振替
00120-4-386390
口座名義:一般社団法人わかちあいプロジェクト募金
通信欄に「ミャンマー教育支援」とお書きください

②    オンライン募金(クレジットカード決済)
わかちあいプロジェクトのオンラインショップ募金ページより受付しています。

donation_myanmar
URL: http://fairselect.jp/