わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。

南スーダンこども支援

支援期間: 2012~現在
支援先 :南スーダン北部Turaleiほか

かつてわかちあいプロジェクトが支援したケニアのカクマ難民キャンプの元難民2名が現在、故郷・南スーダンの子供たちを救う活動を行っており、わかちあいプロジェクトはその活動の支援をしています。

募金ページはこちら

南スーダンのストリートチルドレンを守る ~元難民デイビットの活動~

南スーダンのストリートチルドレン

内戦によりストリートチルドレンとなった子どもたち

スーダン内戦によって発生した約3万人の難民を保護する目的で、1992年にケニアの「カクマ難民キャンプ」が設立されました。わかちあいプロジェクトは1993年に初めて同キャンプに古着及び食料の支援を行って以来、スタッフやボランティアを定期的に送り現地の教育施設建設等に携わってきました。かつてこのキャンプで暮らし、わかちあいプロジェクトの現地日本人スタッフの活躍を日々間近で見てきた、元カクマ難民のデイビッドはオーストラリアに移民として渡り、メルボルンで仲間たちとNGO「Peace Palette(ピース・パレット)」を設立しました。 2011年にアフリカ大陸54番目の国家として誕生した南スーダンの戦争孤児のストリートチルドレンを救う目的でセンターを作り、子供達の安全を守る活動などを行っています。

 

南スーダンで学校を設立~元難民バレンチノの活動

南スーダン教育支援。学校に通うエリザベス(左)とアンジェリーナ(右)

学校に通うエリザベス(左)とアンジェリーナ(右)

1993年以来、わかちあいプロジェクトはケニア北西部にあるカクマ難民キャンプを支援してきました。2000年-2001年当時、バレンチノはわかちあいプロジェクトの現地スタッフとして働いてくれました。その後アメリカに移住し、バレンチノをモデルとした小説が出版されたことがきっかけで、その収益金をもとに財団を設立しました。現在は南スーダンで学校建設などの教育活動に取り組んでいます。 2011年7月9日、南スーダンは独立を宣言し新しい国づくりを目指して歩み出しました。バレンチノが南スーダンで始めている教育活動にわかちあいプロジェクトは協力しています。その功績が認められ、2014年にバレンチノは南スーダンの教育大臣に任命されました。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3634-7809 平日9:30~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人わかちあいプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.