わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。

タンザニア・キボンド難民キャンプ【終了】

難民支援 -タンザニア・キボンド難民キャンプ-

タンザニア・キボンド難民キャンプ

タンザニア・キボンド難民キャンプ

 

タンザニア・キボンド地域は、多くのブルンジ難民が国内の内戦を逃れてやってくる地域です。とくに1993年のブルンジのクーデター以後今日に至るまで、ブルンジ難民は続々流入しています。彼らを収容するためUNHCRはこの地区だけでも5つのキャンプを建設、運営しています。一番古い1993年に建設されたカネンブワキャンプ(約2万人)に始まり、ムクグワキャンプ(4万人)、ムテンデリキャンプ(4万人)、カラゴキャンプ(4万人以上)です。

前者の4キャンプにはブルンジから内戦を逃れてきたブルンジ人のフツ族が収容されています。少人数のムクグワは特殊キャンプであり、フツ族とツチ族の夫婦やその子供、またコンゴ、ルワンダからの難民、他の問題があって他のキャンプに住むべきでない難民が収容されています。

なお、どのキャンプももういっぱいで、99年12月にカラゴキャンプが新設された。現在もなお、日々続々と難民はやってくるため既にカラゴキャンプの半分は埋まっています。

古着支援プロジェクト

古着を受け取った若者

古着を受け取った若者

 

1993年から行ってきたケニアへの古着支援を、通関上の問題などがあり現地の要請に基づき、1997年からタンザニア・キボンド難民キャンプに送っています。

古着支援の詳細はこちら

ボランティア派遣

タンザニア難民キャンプボランティア派遣
第1回
1997年7月から
3ヶ月
報告書(高村憲明)
第2回
1998年8月から
6ヶ月
報告書(梁東輝)
第3回
1999年8月から
3ヶ月
報告書(峰亜紀)
第4回
2000年8月から
3ヶ月

2000年度のボランティア派遣では、猿田佐世さんが人権教育、条約集作り、古着の配給を行い
ました。難民キャンプでは、食糧の配給や医療の整備等でUNHCRやNGOの能力は限界に達し、
表現の自由等の人権状況にまで配慮する余裕はありません。そのうえ、国連職員が難民を
殴ったりするような状況まで耳にすることもあります。そのような状況を見て、猿田さんは
法律の専門家という自分の特技を活かし、法律や人権にかかわる精力的な活動を行ってきました。

報告書(猿田佐世

 

タンザニア・キボンド難民キャンプ ボランティアの猿田さんと若者たち

ボランティアの猿田さんと若者たち

タンザニア・キボンド難民キャンプ ボランティアの猿田さんと若者たち

ボランティアの高村さんと若者たち

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3634-7809 平日9:30~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人わかちあいプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.