わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。

ケニア・カクマ難民キャンプ【終了】

難民支援 -ケニア・カクマ難民キャンプ-

支援期間:1992-2002

ケニア・カクマ難民キャンプ

ケニア・カクマ難民キャンプ

 

カクマ難民キャンプは、スーダン内戦によって発生した約3万人の難民を保護する目的で1992年に設立されました。
ケニアの首都ナイロビから約1000kmの北西部リフトバレー州、スーダン国境の町ロキチョキオから約100kmのトゥルカナ地区に位置しています。半砂漠地帯に位置し、日差しは強く日中の気温は40℃を越す厳しい環境のもと、2000年3月時点のキャンプ人口は65,642人、その6割はスーダン難民です。その他エチオピア、ブルンジ、ルワンダ、コンゴ、エリトリア、ウガンダ、ソマリアの計8ヶ国籍・多民族の難民が共生しており、今なおスーダンやエリトリアからの難民が流入し続けています。

キャンプは9年目に突入し、各国連機関、NGOの緊急援助カテゴリーからもはずされ、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)もここ数年予算を大幅カットしてきています。メディアに取り上げられることもなくなり、人々の関心はとかく緊急性のある援助活動に集まりがちです。難民の避難生活は長期化し、いまだ帰還の見通しの立たない状況で、キャンプで生まれ祖国を知らない子供たちも増えています。

カクマ難民キャンプ支援プロジェクト

1992年秋、国際NGOのLWF(ルーテル世界連盟)が行っていたソマリアへの救援物資空輸の救援活動に参加したことがきっかけで、難民キャンプとの関係が生まれ、1994年からカクマ難民キャンプへボランティアを派遣してきました。

キャンプ運営の中心となっているLWFと連携し、現地でなにを必要としているかを調査し、資金を集め、毎年8名前後の学生中心のボランティアを送り出しています。
これまでのわかちあいプロジェクトのカクマ難民キャンプ支援の経緯は以下の通りです。

1993年 松木代表ソマリア難民キャンプ訪問
第1回古着、乾パン支援
1994年 第2回古着支援
大学生2名がキャンプで研修
1995年 第3回古着支援
第1回ワークキャンプ
ボランティア6名派遣幼稚園建設参加 幼稚園
1996年 古着支援はこの年からタンザニアの難民キャンプへ
第2回ワークキャンプ
ボランティア7名派遣 外来病棟建設参加 外来病棟
1997年 第3回ワークキャンプ ボランティア6名派遣 職業訓練校建設参加 職業訓練校(建設中)
1998年 第4回ワークキャンプ ボランティア10名派遣 第2図書館建設参加 第2図書館建設(建設中)
1999年 第5回ワークキャンプ ボランティア4名派遣 98年度建設の第2図書館の拡張工事参加 第2図書館
2000年 第6回ワークキャンプ ボランティア4名派遣 第1図書館の再建設
参加
2002年 第7回ワークキャンプ ボランティア4名派遣 青年センター建設参加

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3634-7809 平日9:30~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人わかちあいプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.