7月9日(木)、フェアトレード・ラベル・ジャパンのステークホルダー会合が
DNP市谷町田ビルにて開催され、わかちあいプロジェクトからもスタッフが参加してきました。
日本でフェアトレード・ラベル運動に取り組む、総勢46社から85名の方が集まり、
フェアトレードの最新動向などの情報交換や、パネルディスカッションが行われました。

フェアトレード・ラベル・ジャパンのステークホルダー会合2015

休憩タイムには、大日本印刷㈱とわかちあいプロジェクトの共同開発で作られた
マラウイ産フェアトレード砂糖を使ったマカロンも登場!
その会合の様子をお伝えします。
 

会合では、まず、フェアトレード・ラベル・ジャパンの事務局の方より、
フェアトレード市場や課題、フェアトレードの基準の改定について
報告がありました。

統計によると、
2014年の日本の国際フェアトレード認証商品の市場規模は、
推定94億円、前年比5.4%の成長で、ライセンス企業・団体も年々新規に追加されているそうです。
一方で、世界市場は前年対比10%増となる、約60億ユーロ(約8,300億円)の
国際フェアトレード認証商品が市場で取引されています。

生産者側から見てみましょう。
2014年現在、世界74カ国において、1,210団体、150万人以上が国際フェアトレードラベルに参加し、
これまでに途上国の生産者に渡ったフェアトレード・プレミアムは
総額9千5百万ユーロ(約123億円)にのぼっているそうです。
それらのプレミアムは、生産者が自立し、貧困から抜け出すために、
自ら必要と考える用途にと充てられています。

これだけたくさんのプレミアムが市場で生み出され、世界中の貧困解決のために役立たれているんですね!
ですが、世界規模で見ると・・日本のフェアトレード市場はまだまだ1.1%強にすぎないようです。
日本の貿易収支額は世界トップレベル。にも関わらず、フェアトレードはまだまだ後発国。
消費者や企業の意識を変えるため、より多くの情報を提供していくことが求められていることを
感じました。

日本国内で流通しているフェアトレードは、82%がコーヒー、
カカオや茶、花、バナナ、コットン、砂糖などが残りの18%にあたります。

数字でみるとコーヒーが大部分を占めますが、日本で購入できるものがコーヒーだけかというと、
そうではありません。コーヒー以外にも様々な商品があるんです。

フェアトレード・ラベル・ジャパンのステークホルダー会合 フェアトレード商品展示
▲会場に展示されたたくさんのフェアトレード商品

右手前に見えるのが、先月新発売したフェアトレード認証リップクリーム
その隣には、フェアトレードみつろうのクレヨンが見えます!
おなじみAspiroのフェアトレードサッカーボールや、
夏にオススメの缶づめパイナップルマンゴーココナッツミルク
わかちあいオリジナルのフェアトレードジャムも顔をのぞかせています・・笑顔

フェアトレードの普及を考える上で、大手企業の参入はとても大きな発展となります。
一方で、企業や政府がフェアトレードの重要性を認識するには、
日本全国の消費者や団体、小売店が声を上げていくこともとても大切です。
フェアトレードの先進であるヨーロッパでも、多くの町や大学から声を上げることで、
企業の調達を変えさせる運動にまで発展しました。
今はフェアトレードの大手企業として知られるスターバックスやネスレも、
もとは消費者の反対運動によって、エシカルな調達へ転換した企業。
日本でもより多くの企業がフェアトレードに取り組みはじめるよう、
声を上げていきましょうっメガホン

多くの専門企業が、コーヒーやカカオ、コットンなどの従来の調達ルートからフェアトレード原料
への切り替えを進める一方、私たちわかちあいプロジェクトは、国内で唯一のフェアトレード専門商社です。
規模は小さいですが、様々な種類のフェアトレード商品を紹介することで、
日本の皆さまにフェアトレードの広がりを知っていただきたいと考えています。
ぜひお好みのフェアトレード商品を見つけて、フェアトレードの広がりに参加してくださいねundefined

話はステークホルダー会合に戻って・・
休憩タイムには、大日本印刷㈱とわかちあいプロジェクト、新宿のお菓子屋さんラ・ヴィ・ドゥースの
共同開発で作った、マラウイ産フェアトレード砂糖を使ったマカロンが振舞われました。
チョコレートだけでなく、こんなに美味しいフェアトレードスイーツが作れることに、
たくさんの方が驚きながら美味しく味わってくださいました。

フェアトレードマカロン(紅茶)
▲味は紅茶、ピスタチオ、フランボワーズの3種類フェアトレード・マカロン

また、フェアトレードコーヒーのお供に、フェアトレードスティックシュガーも添えられました。
社内コーヒーにフェアトレードを取り入れる企業さんも増えてきていますが、
コーヒーのみでなく砂糖もフェアトレードにできるといいですね。

フェアトレードコーヒーとスティックシュガー

こちらのマカロンは、普段もDNPコミュニケーションプラザ 1階hontoカフェ(市谷)にて
買うことができますので、ぜひみなさんも食べてみてくださいね!
アクセスはこちら

>> フェアトレード商品のご購入はオンラインショップ
>> フェアトレードについて詳しくはこちら

◆フェアトレード・ラベル・ジャパンのステークホルダー会合の様子は、
フェアトレード・ラベル・ジャパンのウェブサイトYou Tubeチャンネルより
公開されています。ぜひご覧ください。