生産者団体 :Huiwani Cooperative Society (HCS)
Huiwani’s cocoa are naturally grown and are mainly of the types; Amazonia, Trinity and hybrids of Amazonia and Trinity. Some local varieties of Criolo are also produced. All cocoa beans are sold mixed. Because our farmers use traditional farming methods no agro-chemicals are used.

「パプアニューギニアをシェフとソムリエさんに、試食していただきましたが とても良い評価をいただきました。
特徴は、やや渋みがあるが、フルーツにあいそうな味との表現をされていました。」




生の状態

炒ったカカオ豆、コーヒー同様、パチパチ(音が大きいです)とはぜます。生の状態と炒った状態ではそんなに色の違いがでません。
上は、取った殻 右は、皮をむいた状態

さっそく生豆を炒って、皮をむいて、温めた牛乳を少しずつ加えて家庭用のミキサーにかけ、砂糖を加えて飲んでみました。どうしてもきめ細かさがたりませんが、それなりの味のチョコレートドリンクができました。

品名 カカオ豆
原料 パプアニューギニア産有機カカオ豆  有機の証明
内容量 900g
  注文画面 →→→


インド産有機カカオ豆(pdf)
インド産カカオ豆は酸味が少なく、標準的な味です。

内容量 900g

その他の原料
★入手可能なフェアトレード原料
すでにあるもの
1.白砂糖(真っ白ではありません)
2.黒砂糖
3.ココアパウダー
4.バニラ
5.マンゴー
6.コーヒー
7.紅茶(様々、ハーブティーもあります)
8.蜂蜜
9.ナッツ類

チョコレートに関するフェアトレード基準

100gのチョコレートに換算するとカカオ60%、砂糖40%のオーガニックチョコレートの原材料は、約20円ということになります。輸送費、チョコレート製造費、販売費、流通費などが、大半を占めています。フェアトレードをうたうためには、原材料以外のの費用を下げて、もっと安いチョコレートを提供することが肝心です。しかし、日本では、カカオ豆の輸入から手がけるフェアトレード製造メーカーがないために、いまのところヨーロッパ、北米から製品を輸入しています。(チョコレートは、カカオ豆を、コーヒーと同じように焙煎して、細かく粉砕して、さらに細かく細かくねって作るそうです。それができる技術(機械)あれば、カカオ豆は1トン、2トンと少量でも購入できます。どなたかできる人を教えてくだされば、日本でも作れます)。

しかし、カカオ生産者の立場でいいますと、通常、カカオも砂糖もコンテナ単位で販売しますのでフェアトレードは大変重要です。1コンテナは、15トンから20トンです。いま値段が下がっています砂糖の場合、20トンで4000ドルに過ぎません。フェアトレードの有機の場合は7700ドルですから、48万円と92万円と大変な違いです。

カカオについても同じことが言えます。現在は価格が比較的高くなっていますが、オーガニックのカカオ20トンは39,000ドル、約468万ですが、基準のトンあたり、1600ドルから1400ドルに下がるだけで、約50万円の違いです。また、1コンテナ分の奨励金は、36万円は地域の発展のために重要な役割を果たしています。(2007年)

2011年12月13日のニューヨークの価格は1トン当たり 2266ドル

1.カカオの基準

主な改定内容は次の通りです。

●カカオ豆のフェアトレードプレミアムをUSD200/トンとする
●カカオ豆(非有機)のフェアトレード最低価格をUSD2,000/トンとする(FOB価格)
市場価格がこれを上回っている場合には、市場価格以上を保証する
●上記の価格変更は、20111月以降の売買契約に適用
http://www.fairtrade.net/single_view1.html?&tx_ttnews[tt_news]=157&cHash=b99d8d68e2

最低買い入れ価格:現地港渡し価格:1トン当たり、2000ドル

-有機栽培の場合は200ドル上乗せ、1トン当たり、2300ドル

-フェアトレードの奨励金:1トン当たり、200ドル

-合計:フェアトレード価格:1トン当たり、2200ドル

-オーガニック(有機栽培)の場合は、1トン当たり、2500ドル

カカオの国際市場が、1600ドルを越えて場合は、国際価格に150ドルの奨励金を上乗せした値段
(赤線が市場価格、その上の青線がフェアトレード価格)

2.砂糖の基準

最低買い入れ価格、種類によって値段が違い、現地生産国港渡し価格は以下の通り

– 480 US$/MT for raw sugar
– 520 US$/MT for white sugar
– 650 US$/MT for whole raw sugar
– 有機栽培(オーガニック) 120ドル/トンを追加

2012年12月の基準によりますと、最低価格の設定はなくて、実際の取引値段とされています。

フェアトレードプレミアム US$ 60/トン   US$80/トン(有機の場合)

3. ガーナのカカオ豆生産者 Kuapa Kokoo

1.Prepare a patch of land under the forest canopy, because cocoa seedlings grow best in shade and be careful not to disturb the scorpions and poisonous snakes.

2. Keep a beady eye on any weeds in the heat they can grow much faster than cocoa plants and might smother the thousands of tiny white blossoms which are the first stage in growing the cocoa.

3. Chop the cocoa pods which look like giant yellow rugby balls off the tree trunk.

4. Split the pods open and scrape out the damp white cocoa beans.

5. Wrap the beans in plantain leaves and pile them in heaps to ferment for a week in the sun, which stops them germinating.

6. Remove the beans from the leaves and spread over a bamboo frame to dry out and turn the beans over occasionally so they dry evenly and don’t stick together in clumps

7. Grade the beans, then pack up the best ones into sacks

8. Convey the sacks to the nearest port/Depot for onward carting to the port to be exported to make chocolate.