わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。

フェアトレードフラワー

categorytop_rose2

お花屋さんや街のあちこちに並ぶきれいな切花。日本は世界でもトップクラスの花き生産量を誇っていますが、世界の市場では、オランダのほか、アフリカのケニアやタンザニア、南アメリカのコロンビアやエクアドルなどの国々で輸出用花き生産が行われています。そのほとんどは大規模なプランテーションで栽培されていますが、労働者の権利が保障されていないのが多くみられました。花園で働く労働者を守るため、2004年に国際フェアトレード基準が設定されました。

わかちあいプロジェクトでは、ケニア「パンダフラワー社」のバラを販売しています。1束(5本)850円の価格のうち、約12円がフェアトレード・プレミアム(奨励金)として送られます。奨励金は、パンダフラワー社の労働者700名で構成される「パンダ自立グループ」の代表と経営者で構成されるフェアトレード・ジョイント・ボディー委員会に振り込まれ、用途が決定されます。委員会は専門のスタッフととに、現地コミュニティの生活改善、教育、医療などさまざまな事業に取組み、地域社会の発展に貢献しています。

rose.Kenya

バラをはじめ、カーネーションやひまわりなどのフェアトレード認証の花は、世界8カ国55団体が生産し、約48,500人が働いています。フェアトレード・プレミアムは、2014年に5,622,000ユーロ(約7億9千万円)にまでのぼりました。そのうち68%は生産者とその家族の生活をサポートするために役立てられています。例えば、農業研修やビジネストレーニング、識字などの教育、住居の修繕、金銭的支援などに使われています。残りの16%は学校や医療、公共施設など、地域全体の発展のために役立てられました。 (参照:MONITORING THE SCOPE AND BENEFITS OF FAIRTRADE SEVENTH EDITION 2015/ Fairtrade International)

fairtrade_flower_fact

 

 

 

フェアトレード認証のバラは、わかちあいプロジェクトのオンラインショップからご注文いただけます。http://www.fairselect.jp/

※バラのご注文は3束(15本)からお受けいたします。色の組み合わせは自由です。

fairselect_fairtrade_rose_sales

fairselect_banner_long

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3634-7809 平日9:30~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人わかちあいプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.