わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。

CSRとフェアトレード

フェアトレードは、社会貢献活動に取り組む企業の皆さまが、もっとも気軽に始めることのできる活動の一つです。普段から消費しているコーヒーや紅茶、砂糖をフェアトレードに変えたり、社内でフェアトレードの販売会を開催したり、会社のグッツをフェアトレードで作ってみるなど、ほんの少しの選択を変えるだけで、途上国の生産者の自立につなげることができます。

フェアトレードの国際基準は世界共通です。国際フェアトレードラベル機構が定める、経済的、社会的、環境的な基準をクリアした製品だけがフェアトレードのマークをつけることができます。フェアトレードマークがついていることにより、人と環境に対する配慮がある会社であることを多くの人に知らせることができます。

 

なぜ、フェアトレードに取り組むのか? ~環境問題と貧困問題

環境問題と貧困問題

美しく、暖かく、そして生きている。それは非常に脆くてこわれやすく、指を触れたら粉々に砕け散ってしまいそうだった。これを見れば、人はだれでも考え方が 変わるはずだ。神の天地創造と神の愛に、 心から感謝せずにはいられなくなる。(宇宙飛行士の言葉)

 

地球温暖化や異常気象などの原因と考えられる二酸化炭素の排出量の削減は、すべての人々、企業、自治体などが一致して取組むべき緊急の課題となっています。やりたい人がやればいいとい問題ではありません。

それと同じように南と北の国の広がる貧富の差は、同じ地球に住む私たちの緊急の課題です。インターネットは難民キャンプでも接続できます。情報が、世界の隅々に一瞬に配信されるなかで、努力しても貧しさから抜けられない南の国の人たちの苛立ちと絶望感は、テロに駆り立てる要因の一つでもあります。

企業が環境問題を無視して存在し得ないように、世界の貧困問題は、誰もが取り組むべき共通の課題になっています。CSRの一環としてフェアトレードを通して、貧困問題に取組む動きは、ヨーロッパ、北米では定着してきています。

イギリスでは市や町が、フェアトレード宣言する、フェアトレードタウンの運動が盛んになっていますが、この運動の根拠となっているのは、自治体をはじめ地域全体で、フェアトレードを通して、MDG(続くSDGs/ポストMDGs)やアジェンダ21などの国際的な目標に取組むという政策です。国、自治体、企業、市民などすべての部門が取組むべき課題であるという理解からきています。

 

CSRのためのフェアトレード活用事例

社会貢献活動として、社内でフェアトレードに取り組んでいる企業・団体様の一部をご紹介します。最新のCSR事例は活動情報をご覧ください。

【大日本印刷株式会社 様】

同社の運営する生活者向け情報発信スペース「コミュニケーションプラザ ドットDNP」1階の電子書籍のショールーム「hontoカフェ」において販売するお菓子として、わかちあいプロジェクトが輸入販売するマラウイ産白砂糖などを使ってフェアトレードのマカロンを企画されました。新宿の洋菓子店「ラ・ヴィ・ドゥース」様との協働により、商品開発・販売に至りました。また、オリジナルキャラクターDNPenguinのグッズとして、フェアトレード・コットンバッグを作成されました。

>> 大日本印刷株式会社 CSRの取り組み
>> コミュニケーションプラザ ドットDNP hontoカフェ  
 
 

【株式会社NTTデータ 様】

CSR活動の一環として早くから社内で積極的にフェアトレード活動に取り組まれている同社では、例年の株主総会の開催にあたり、マラウイ産白砂糖をはじめとするフェアトレード原料を使った、オリジナルのフェアトレードケーキやクッキーを製造されました。
また、2015年5月には初めての試みとして、フェアトレード食材を最大限に使用したランチメニューを、4日間の限定で提供されました。わかちあいプロジェクトが販売しているフェアトレードの味噌や醤油、ごま油、こしょう、ハーブ類など、数多くのフェアトレード食材を使用し、和食コースと洋食コースの約100食を販売されました。

>> 株式会社NTTデータ フェアトレードへの取り組み

   

 

【兼松株式会社 様】

兼松招待少年サッカー大会2015総合商社の兼松㈱様では、途上国の労働環境保護や生産地域の教育・福祉に貢献したいとの思いから、同社が主催するサッカー大会にて、フェアトレードボールAspiroを使用していただきました。2015年8月に開催された大会には、福島、千葉、神奈川から6チーム82名の選手のほか、父兄や関係者を含め150名の方々が参加され、集まった子どもたちにサッカーボールがどのようにして作られているのか、フェアトレードの意味などを伝えていただきました。
(大会の様子はブログでご紹介しています)

>> 兼松株式会社 社会貢献活動

 

【住友金属鉱山株式会社 様】

fairtradefair_smm01住友金属鉱山㈱様では、社員の皆さまが社会課題を知る機会を作ることを目的に、講演会や販売会を実施する「CSRフォーラム」を毎年開催されています。4回目のフォーラムでは、講演会に併せて、途上国で作られた商品を実際に購入することで社会課題の解決に参加する機会を作ろうと、フェアトレード商品販売会を企画していただきました。CSR担当職員の方により、パネル展示や社内報などでの告知を行っていただき、当日はたくさんの社員の方が販売会に立ち寄り、積極的に参加してくれました。
(販売会の様子はブログでご紹介しています)

>> 住友金属鉱山㈱ CSRの取り組み

【WWFジャパン 様】

世界約100ヶ国で活動する環境保全団体のWWFジャパンさんは、FIFAワールドカップの開催に合わせ、サッカーをきっかけに人の暮らしと地球環境を考えてもらおうと、ロゴ付きのフェアトレードのサッカーボールを製作しました。シンボルであるパンダマークをプリントしたサッカーボールをOEMにて製造し、通信販売「パンダショップ」で販売されました。

>> WWFジャパン 活動トピック

 

 

わかちあいプロジェクトではフェアトレードを取り入れることでCSR活動に取り組む企業・団体の方をサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

  問い合わせ先
  TEL: 03-3634-7809 (平日9:30~18:30/ 祝日を除く)
  メールでのお問い合わせは、お問合せフォームをご利用ください。

fairselect_banner_long

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3634-7809 平日9:30~17:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人わかちあいプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.