わかちあいプロジェクトは、フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える国際協力NGOです。

わかちあいプロジェクトとは?

  • HOME »
  • わかちあいプロジェクトとは?

わかちあいプロジェクトは、
フェアトレードと難民支援活動を通して開発途上国の人々を支える
国際協力NGOです

 

About us  設立の経緯

1992年2月、代表の松木傑(日本福音ルーテル聖パウロ教会牧師)が1ヶ月に渡り欧米諸国の国際協力団体を訪問するなかで、ドイツのフェアトレード組織「GEPA(第三世界との協力促進協会)」を通してスリランカのオーガニックティーと出会いました。

開発途上国の産品を購入することでその国の人々を知り、支援するフェアトレードを目的に、1992年8月「わかちあいプロジェクト」が立ち上がりました。

1992年は、東アフリカのソマリアで内戦による厳しい飢餓問題が発生した年でもありました。わかちあいプロジェクトではその年の11月、ソマリア難民救援のための募金を開始し、現地協力団体のルーテル世界連盟・奉仕部(LWF)に協力する形で、救援物資の空輸活動に参加しました。

それ以来、広く市民に開かれた団体として活動を続けています。2012年10月には、一般社団法人として法人化いたしました。

Mission   活動の理念

「神を愛し、隣人を愛せよ」との聖書の考え方に基づき、人種、宗教にかかわらず、人間としての必要条件と尊厳が失われている世界の人々がより人間らしい生活ができるよう、経験、技術、財を 『 わかちあうこと』

Activities  活動内容

21世紀の世界の課題は貧困問題と環境問題。
これらの解決を目指し、わかちあいプロジェクトはフェアトレード、難民支援、自立支援の3つの分野の活動を通して、開発途上国の人々を支えています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人わかちあいプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.